今日は一軍の試合が休み。関西のスポーツ新聞は各社とも明日の一面に苦労するでしょうが、よくあるのがドラフト候補の選手を「虎の恋人MAX153km」なんて持ってきたりします。


今年のドラフトは高校から社会人まで逸材揃いで、それはそれでまたいつか書きたいと思いますが、我らがタイガースでは藤浪みたいに鳴り物入りで入団して活躍なんてのは実際江夏以来じゃないかってぐらいに久しぶりな出来事で、毎年5~7人くらいの入団選手の中で一軍の試合に出る事が出来るのが1~2人(活躍するとは言ってません)、一軍に上がる事無く引退するのが半分以上、生き馬の目を抜くプロの世界がいかに厳しいかという事です。


さて藤浪や鳥谷みたいに鳴り物入りで入団即一軍なんて選手はレアケース。ほとんどの選手がまずは二軍(鳴尾浜)で経験を積み、プロの身体を作っていく訳です。今の代打の神様関本だってかなりの期間を過ごしましたし(自転車トレで転倒し大怪我なんてありましたね)、浜中・桜井には無限の可能性を感じましたね…(遠い目)、そういえば桜井は高校生の時に下級生に暴行事件を起こし、対外試合禁止措置なんてありましたが、私が聞いた限りでは下級生にかなりの問題があったそうで、意外と桜井には同情的な人が多かったですね。ネットではパイプ椅子なんて呼ばれてましたが…


別に私は絶対に生え抜きでなければいけないなんて考えはありません。阪神の為に(自分のですが)身を粉にして頑張ってる選手全てを応援しますが、やはり鳴尾浜で目をつけてた選手が一軍に上がり結果を出すのは何ともファン冥利に尽きるというものです。


また鳴り物入りで入団したからといって必ず活躍できるものでもなく、ドラフト下位の選手が活躍する場合だっていくらでもあります。例えば巨人の山口やソフトバンクの千賀なんて育成出身ですし、さらにソフトバンクのエース摂津なんて社会人ドラ5ですよ。もし指名されなかったら引退してたかもしれないくらいじゃないですか。タイガースでの過去の下位の当たり選手は新庄や赤星、久保田くらいがパッと思い浮かびますが、最近では今年の梅野隆太郎に岩崎優、昨年の金田和之や緒方凌介も一軍に出てる時点でオッケーでしょう。さらに今は故障してますが松田遼馬に俊介・大和なんてのもドラ4以降の指名です。さらに他球団経由ですが新井兄弟や鶴岡も同様にドラ4以降、新井兄に至っては指名の際に他球団のスカウトが失笑したレベルの選手だったそうで、本人の努力もあったのでしょうが日本代表の4番をも務めました。


さて話は戻って今の鳴尾浜のメンバーを見てみましょう。まずは今日のスタメンから

1番セカンド荒木郁也(ドラ5)
2番ショート北條史也(ドラ2)
3番サード西田直斗(ドラ3)
4番ライト伊藤隼太(ドラ1)
5番ファースト陽川尚将(ドラ3)
6番レフト中谷将大(ドラ3)
7番キャッチャー小豆畑真也(ドラ4)
8番センター横田慎太郎(ドラ2)
9番ピッチャー島本弘也(育成)


伊藤隼太さんこんなとこで何してんすか?さっさと福留を追いやってくれんのんすか?ってとこが最初に目につきますが、まぁ伊藤のとこに一二三慎太が入っていればほぼほぼ期待の若トラ達という事になります。


試合は育成の島本が140kmを超える直球を投げるなど1失点の好投に陽川が2安打だったかな。陽川はここ数試合本塁打を放つなど打撃好調ながら守る所が1・3塁とさすがに新井兄弟やゴメスとは勝負にはならないでしょう。まぁ外野へコンバートとかの話題が出るくらいでないと話にならないくらい打たなければならないポジションなので、そんな話が出るくらいに打ちまくってもらいたいですね。高校の時に巨人の指名を拒否してるあたりに虎党の琴線に触れるじゃないですか(笑)


中谷は完全に伸び悩み、高卒2年目で一軍キャンプに参加して解説の浜中治に「俺の2年目よりよっぽど上」なんて言われてたのに…。確か浜中は四年目に甲子園でサヨナラホームランを放ちましたが同じ四年目になる今年、肩も強いし良い面構えもしてます、陽川に負けずとアピールしてもらいたいものです。


北條は甲子園では輝いてましたが、プロではもう1つ見所に欠ける印象。坂本2世なんて言われてましたが、最終目標は梵かな。北條みたいな選手こそ右打ちを覚えるべきだと思うのですが…


西田は線は細いものの今成の様なバットコントロールが見所。一軍にはいつ呼ばれてもおかしくありませんが、もう少し身体を作って大きく育ってもらいたいところ。


横田は秀太スカウト渾身の指名の選手。ここ数年九州からの当たりが多いので期待も高まります。186cm85kgの恵まれた身体ながら俊足という化け物。入団当初より一回り大きくなってますし、糸井みたいに…とついつい(笑)


最後に私が一番期待…いや好きな選手は一二三です。とにかく華のある選手で外野じゃなくてサードで。同じ様に高校時代に投手からサードにコンバートされた巨人の村田のようになって欲しいなあ…



このエントリーに関連した記事
今後の阪神の戦い方 - 今年こそVやねん(石直球)
また上本が離脱したことで大和へのマークが厳しくなり、なかなかゴメス・マートンの前にランナーをためれず…